gold suit

タイトル

ビジネスにおけるスーツは何が着たいかでは選ばない

女性の場合もそうですが、男性にとってスーツは仕事をするためには必要なアイテムです。
どんなものを着ているかによって、相手の印象が変わってきますので、結果としてビジネスの成功を左右する重要なものといえるでしょう。
相手によって着るものを変えるという工夫も必要になるかもしれません。
着ているものが醸し出す雰囲気は、その人の見た目だけでなく、人間性を判断される材料になる可能性もあるのです。
例えば、講師の仕事をしている人が非常に派手で目立つものを着ていた場合、受講者がどう感じるということを考える必要があります。
この人は目立つことが好きで、話たいことを一方的に話す人だと判断されるかもしれませんし、派手なスーツに目が行ってしまい話に集中してくれないかもしれません。
かといってよれよれのものを着ていれば、この人大丈夫かなと不安な気持ちを起こさせたり、人前に立つときの身だしなみがなっていないと判断されて不快感を持たれるかもしません。
そう考えると、ビジネスにおけるスーツ選びは、自分が何が着たいかで選ぶのではなく、ビジネスの相手がどう感じそれがビジネスにプラスになるかどうかで判断すべきだということが理解できるでしょう。

等分バランスをくずして着こなすスーツ

トップスとボトムスの比率を同じにしたほうがバランスがとれる、と思いこんでいる人は意外と多いものです。
ところが、等分バランスはベーシック過ぎて味気ない着こなしになりがちです。
そこで大切になってくるのが、バランスをくずすというテクニックです。
スーツに代表される上下セットアップで着る服の場合は、トップスとボトムスの比率は変えられませんので、どこかにアクセントを作ることでバランスを変えていきます。
例えば、上にアクセントとなる、大きなリボンをあしらったブラウスとインパクトのあるブローチをプラスします。
胸元に結んだ大きなリボンに視線を集め、コーデの比重をトップスに置くことで、華やかさを演出すると同時に、ポイントが上がることによって背を高くスラリと見せる効果も生まれます。
逆にボトムスはスカートとブーツを同系色にして、上だけを目立たせ、ポイントが全体に散らばらないような工夫をします。
等分バランスのスーツも、ポイントアップでスラリと見せるコーディネートになるのです。
セットアップでない場合も、上下バランスをくずすことを意識するのは大切です。
ゆったり感のあるシャツなら、下はコンパクトなパンツなどで、若々しさとスッキリ感を出したコーディネートでまとめるのがコツです。

おすすめWEBサイト 5選

今までのわかりにくい説明も、広告マンガなら目立ってわかりやすい。

広告漫画 制作

資格の取り方・試験の難易度・合格率・向いている人についてご紹介しています。

資格 難易度

リラクゼーションや癒しを目的としたエステサロンの求人情報。

メンズエステ 求人

2017/5/19 更新

『スーツ』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jmaedikj/public_html/modrabrana.org/index.html on line 81
Copyright 2015 gold suit All Right Reserverd.